ケアマネジャーになるには

介護支援専門員実務研修受講試験

札幌ケアマネ連協ケアマネになるには  まず筆記試験である「介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネジャー試験)」に合格しなければならず、 その受験資格は下記の医療・福祉関係で一定期間の実務経験が必要となります。平成27年に受験要件の見直しが行われていますので、よくご確認の上お申し込みください。

 

・ 医師・歯科医師・薬剤師・保健師・助産師・看護師・準看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士・視能訓練士・義肢装具士・歯科衛生士・言語聴覚士・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師・栄養士(管理栄養士含む)・精神保健福祉士の資格を持ち実務経験が5年以上の者
・ 相談援助業務の経験が5年以上ある者
・ 社会福祉主事任用資格又は介護職員初任者研修等の修了者で、実務経験が5年以上ある者。(平成29年度の試験まで経過措置)
・ 介護などの実務経験が10年以上の者など。(平成29年度の試験まで経過措置)
 試験内容は、実務研修を行うためのケアマネジャーの業務に関する基礎的知識や技能についてが出題されます。
ケアマネジャー試験は通常10月に行われます。 試験の期日や時間は全国共通ですが、各都道府県単位で行われているので、試験についての詳細や手続きなどは、それぞれの担当部署に問い合わせることをおすすめします。

北海道の試験情報、受験資格につきましては、北海道社会福祉協議会または北海道保険福祉部福祉局高齢者保健福祉課へお問い合わせください。

介護支援専門員実務研修

 筆記試験に合格した後に介護支援専門員として登録・任用されるには都道府県の実施する「介護支援専門員実務研修」を受講する必要があります。
前期は講義が中心ですが、後期になるとケアプラン作成などの演習が追加されます。
この介護支援専門員実務研修を修了すると、介護支援専門員名簿に登録され、晴れてケアマネジャーとして働く事ができます。
研修情報 北海道社会福祉協議会(介護支援専門員の各種研修について)http://www.dosyakyo.or.jp/kensyujyo/senmonin_kensyu/index.html  TEL 011-241-3979

«「ケアマネジャーとは?」へ戻る 
 「主任ケアマネとは?」へ進む »

このページのTOPへ戻る