主任ケアマネジャーとは

仕事説明・内容

札幌ケアマネ連協主任ケアマネとは  主任ケアマネジャーとは、平成18年度に新設された新しい職種です。
地域のケアマネジャーのまとめ役的存在になる専門職で、新人ケアマネジャーの指導・ 育成・相談に始まり、介護が必要な方のケアプランを作成する際のケアマネへの支援や相談などを行ったり、事例検討会や会議を開いて地域のケアマネジャーのスキルアップや交流を図ることが主任ケアマネジャーとしての仕事です。

主任ケアマネジャーの利点

 一定用件を満たすことによって介護報酬に加算が付く特定事業所加算制度では主任ケアマネジャーの在籍は必要用件になっていたり、公的機関の地域包括支援センターにも、専門職員として主任ケアマネジャーの資格取得者を担当区域の介護保険第1号被保険者(65歳以上の人)の数に応じて配置しなければならないなど、あらゆるところで必要とされています。
自身のキャリアアップのためにこの職種を目指す人も多くいます。

«「ケアマネになるには?」へ戻る 
 「主任ケアマネになるには?」へ進む »

このページのTOPへ戻る