トピックス一覧

重要! 退院退所加算のカンファレンスについて

平成30年4月に改正になった居宅介護支援の退院・退所加算の算定について、お知らせいたします。
同加算の構成(詳細は下記のファイルをダウンロードし、ご参照ください)は次の通りですが、










同加算のカンファレンスは、診療報酬の算定方法別表第1医科診療報酬点数表の退院時共同指導料2の注3の要件を満たすものとされてます。退院時共同指導料2の注3には、
・入院中の保険医療機関の保険医又は看護師等が、
・在宅療養担当医療機関の保険医若しくは看護師等、
・保険医である歯科医師若しくはその指示を受けた歯科衛生士、
・保険薬局の保険薬剤師、
・訪問看護ステーションの看護師等(准看護師を除く)、理学療法士、作業療法士若しくは言語聴覚士、
・介護支援専門員又は相談支援専門員
のうちいずれか3者以上と共同して指導を行った場合に、多機関共同指導加算として、
2,000点を所定点数に加算する。   とあります。
<参考>
Q 「3者以上と共同して指導を行った場合」の「3者」とはどのようにカウントすればよいのか。
A 「3者」とは、入院中の保険医療機関の保険医又は看護師等を除外したうえでの数。
  したがって、実際現場に集まるのは4者以上(入院中の保険医療機関の保険医又は看護師等以外に、在宅療
  養担当医師等、歯科医師、薬剤師、訪問看護ステーションの看護師、介護支援専門員等)となる。
これらの要件に十分留意した上で、同加算の算定をされますようお願いいたします。
また、当該医療機関で、多機関共同指導加算を算定されるかどうかも確認するとよいでしょう。

なお、上記の退院時共同指導料2の注3は、平成30年3月までの退院・退所加算で、入院又は入所期間中3回まで算定できるうちの1回について定められていた「入院中の担当医等との会議(カンファレンス)」と同じものになることを補足します。

退院・退所加算の実施上の留意事項および退院時共同指導料2の注3の詳細は、以下のファイルをご参照ください。
下記をクリックするとファイルをダウンロードできます。
≫退院・退所加算についてPDFダウンロード(PDFファイル 約96kB)
≫退院時共同指導料2の注3PDFダウンロード(PDFファイル 約76kB)

このページのTOPへ戻る